面接官に好印象を与えるための気構え

面接官がどう感じるかを考える

 転職者が面接で失敗してしまう一つの原因として、面接官の視点に立てず面接に挑んでしまうことが挙げられます。少し考えてみればわかることなのに、気が付かずに面接に臨むのはあまりにもったいないことといえるでしょう。

身だしなみの重要性

 話術で全てがどうなるわけではありません。見た目も面接官の目にしっかりと留まっているのです。しかし、これは容姿を指しているわけではありません。その人がしっかりと服装を整えているか、コートを脱ぐなど当たり前のことができているかなど、一目でわかる点でも評価されているのです。これは事前に準備できることなので、必ず対策しておきましょう。

遅刻は絶対にダメ

 やはり、どんな理由があったとしても遅刻は印象が悪くなります。絶対に間に合う時間に出発して、余裕を持って面接を待つと遅刻のリスクを減らすことができます。相手を待たせることは社会人としてのマナーを疑われるので、絶対に避けましょう。

当たり前ができる社会人に

 社会人として転職をするのに、社会人のマナーができていないのは問題外です。面接官は当たり前のできている人物を評価するので、その点で好印象を与えられるよう気を付けましょう。