面接で緊張しないためにできること

 転職時に大きな障害となるものが、そう面接です。相手としっかりと向き合って自分をアピールすることが求められるものですが、しっかりと準備をしていないとアピールするどころか相手にしてもらえないかもしれません。特に、面接時に必要以上に緊張してしまうと力を出すことはできないでしょう。そこで、面接時に緊張をしないためにも、できることをしておきましょう。

 面接時に緊張しないためにできることといえば、あまり緊張することを意識しすぎないようにすることです。何事もそれを意識しすぎてしまうと、さらに緊張の度合いが高まってしまうものです。難しいことかもしれませんが、必要以上に意識を向けないようにしましょう。

 また、あまり自分を良く見せよう良く見せようとする意識が強すぎても、この傾向が強くなるようです。必要以上に力が入ってしまうことで、緊張が強くなってしまうということです。短所もアピールすること、とは言いませんが、ある程度は気楽に臨みましょう。

 そして最後に、緊張感が全くないことも問題だ、ということを覚えておきましょう。程よい緊張感こそ、自分の力を発揮できる最大の状況であると言えるのです。この緊張感を保つことは難しいかもしれませんが、何度も面接を試していくことで身についていくのではないでしょうか。

【特集ページ】
30歳からの転職活動
30歳からの転職活動に必要な情報が満載!

社説 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

 面接時には緊張しすぎないよう、注意して臨むようにしておきましょう。特に前日に緊張をして眠れなかった、なんてことになったらコンディションも最悪になってしまうので、しっかりと体を休めて面接に臨むことも重要なポイントなのです。