転職して一生の仕事を見つけるための心構え

 現在では人生のうちで何度か転職することが一般的になってきましたが、複数転職を繰り返すより転職回数は少ないに越したことはありません。転職することで一生続けられる仕事を見つけられれば、今後の人生のハリにも繋がっていくわけですが、どうやって自分の天職を見つければいいのでしょうか?

1・どうなるか判らない未来より現在どうしたいか

 将来のために~とつい言ってしまうことがありますが、どうなるか判らない未来の心配をするより、今自分がどうしたいのか?が一番重要です。自分が向いていないなと感じる仕事を給与のためにやるより、給与は多少下がってもやりがいのある仕事の方が、心から打ち込める分将来の糧になります。

2・家族ために~するという思考を捨てる

 家族がいる人は家族の事を第一に考えるのは間違いではありませんが、家族を養うために自分に向いていない仕事をやり続けていたのでは、自分に負担も大きいですし家族にもストレスを与えてしまいます。誰かのためにという考え方は間違ってはいませんが、嫌々ながら仕事をするのではなく、家族を養えるような自分の天職を見つけるという方向に思考を変えることも大切です。

3・自分の趣味や好きな事と仕事をからめる

 例えばパソコンが好きで自分のHPを運営しているなら、そのスキルを磨いてパソコン関係の仕事に就いたりと、自分の特技やできること・趣味などを仕事とからめることで、少々嫌なことがあって辞めたいなと思っても、踏みとどまることもできます。今まで経験してきた仕事に固執しすぎると、自分に向いているかもしれない新しい仕事に飛び込めなくなりますので、気持ちを柔軟に保ちつつ、転職先を見つけるようにしていきましょう。