変化の時代、転職前準備に意識して考えたいこと

変化の時代に対応できる人材探し

 企業側はどこを見ているのでしょうか?各企業が真に必要な人材のみを雇用、投資する方向にシフトし、雇用の流動化が進む中、企業で働く人や転職を希望する人にとって、ますます厳しい時代になってきました。そんな時代において、各企業の採用担当者は、転職希望者のどんな点を見ているのでしょうか。

 まず、職務を遂行する能力や現状を把握する力、計画を立案する力といったテクニカルスキルが挙げられます。そして、人間関係を構築する能力や、コミュニケーション力、マネジメント力といったヒューマンスキルも挙げられます。また、会社やその職務によっては、専門知識といった専門スキルも重要視されます。

 では、このような求められる人材に対し、転職希望者はどのように準備を行なえばよいのでしょうか。

効果的な自己マネジメントが求められます

 仕事においても転職においても、今後はより効果的な自己マネジメントが求められるでしょう。そのためには、まず何を目指し、どんな目的のもとそれを行うのかを明確にしなくてはなりません。そして、実施の際、どんな強みを生かし、どんな弱みを強化すべきかを把握したうえで、それをどんな方法で行っていくのかを常に考える必要があります。

 こうした思考は、転職前の準備段階から行っていきたいものです。ぜひ、取り入れてみてください。